NEW POST

ハンドル交換

ハンドルも以前からずっと変えてみたいなぁと思っていました。
自分にできるか不安だったんですが、いざトライ!!
今回は、ハンドル、グリップ、バーエンドを新調することが目標です。

まずは今ついているグリップを取り外しました。
c0039038_1924821.jpg

左側は、そのままハンドルの鉄部分がむき出しになり、
右側は、スロットルのカラーと呼ばれるプラスチック部分が出てきます。
以前の接着剤の跡が汚らしく見えますね。。。

グリップは、シールはがし剤と美術用ヘラを使って取り外しました。
ヘラを突っ込み、隙間にシールはがし剤を吹き込むと、
びっくりするほどスルっと抜けます。
c0039038_1961560.jpg


そしてヘラを更に使用して、スロットルのカラーにこびり付いた接着剤を削ってみると、
見事に真っ白のカラーに元通りです。
c0039038_198391.jpg


ハンドルを外すと、何かいけないことをやらかしてしまった気分になります。(^^;
はたして元に戻せるのかと。。。
c0039038_19104338.jpg


新品のハンドルには穴あけ作業が待っています。
左右に1個ずつ穴を開けます。
この穴にスイッチボックスの凸部分をはめて、固定させます。
穴は直径0.5mmでOKでした。(完全に勘でしたが結果オーライ。。。)
c0039038_19141426.jpg


穴を空けるには、ポンチをいうキリのような道具を使って、まず凹みを作ります。
c0039038_19153937.jpg


あとはその凹みに合わせてドリルでギューイーン!!
c0039038_19162580.jpg


穴の位置はこうして並べて、目測で「この辺っ!」という感じで開けました(^^;
c0039038_19181570.jpg


と、ここまではとても順調です。
しかし、ここから写真はなくなります。
いくら頑張って取り付けようとしても、ダメだったんです。

実は、このハンドル、純正ハンドルとは違い、多少内側に絞ってあるんです。
スポーツタイプ的な売り文句に乗せられ購入しました。
売場には、純正ホースのままで取り付け可能と書かれていたのに、
届かないのは、クラッチワイヤー&チョークワイヤー。。。

穴の位置を変えるなどしてチャレンジしまくりましたが無理でした。
(通常2個(左右1個ずつ)の穴で良いところ、計5個も穴を開けたのに。。。)

各ワイヤーを長めのものに交換するか、純正ポジションのハンドルを購入するかの二択を迫られる結果となりました。

結局、この日は、元のハンドルへせっせと戻し、作業終了。
[PR]
by takechi1023 | 2006-01-22 17:00 | パーツ関連

26歳にして乗り始めた単車。。。ステップアップへの軌跡を綴ります


by たかぴー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31